オリヴィエ・ルキエ
1997年以降、オリヴィエ・ルキエは「ギタリスト・マガジン」誌や「アコスティック・ギタリスト&クラシック・ギタリスト」誌に参画している。 インタヴュー、教習、ヴィデオ、テスト・ベンチなど彼の多彩な才能と楽器の専門的知識 を通じ、ギターの様々な要素が盛り込まれるようになった
他方、彼は6年来、「ギタリスト・マガジン:バイイング・ガイド」の編集長を務め、 12か月の試用とテスト・ベンチの末、毎年発行している。 この非常に貴重な経験を通し、 彼は広範囲な人々や一流の楽器および音楽機材のメーカーや販売店全体とのかけがえのない関係を結ぶことができた。
またそれ以上にこの経験は、彼にとってかつてない出会いの門戸を開き、最も優れたギタリストたちと共演を可能にしたのである。 繰り返しその名前を挙げれば、サンタナ、ジョン・ マクラクリン、アル・ディ・メオラ、マーク・クノプフラー、ゲイリー・ムーア等
これに並行してオリヴィエ・ルキエはエレキやアコスティックギター演奏者という職業を、 異なるアーチストや様々なフォーメーション、つまりジャズビッグバンドやダンスホールや ナイトクラブのオーケストラ、ブルース・ロックグループなどへと導いた。  このことで様々な場所やフォーメーションで豊かな舞台経験を積み、数多くのプロミュージシャンとの貴重な関係を築いたのだ。
現在、オリヴィエ・ルキエは生活の半分をシャモニーで送り、登山の合間にギター講習会や コンサートを現地やパリ、ロスで行っている!
今日、彼は2枚のアルバムを出し、一枚はフランス語版で、もう一枚は英語版である。 何曲かは共通するが、他は未発表の歌曲である。 楽曲の半分はロスでレコーディングされ、 リズムセクションにベン・ハーパー・バンド、ザ・リレントレス・セヴンを起用している! LAでの制作、レコーディング、ミキシングはアダム・レイサスが担当(ピージェイ・ハーヴェイ、クラップ・ユアハンド・セイ・イエイ、モビー、ハリウッド・ピクチャー等)

ニューアルバム

nouvel album

 

Exclusive CD Collector Ca va trop vite

On sale on this site NOW

Available on the SHOP page

 

社会

  • facebook
  • myspace